読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

17.01.29 「13月の女の子」@ 新宿村LIVE 感想

舞台「13月の女の子」
日時:2017年1月29日(日) 17時〜
場所:新宿村LIVE

  相笠萌さんの初主演舞台「13月の女の子」を観劇してきました。まず、舞台の不思議な世界観が、独創的かつ臨場感に溢れていて、とてもとても素晴らしかった!物語が進むにつれてどんどん世界に引き込まれ、終演後に帰路につく中でも、舞台と同じ世界が目の前の現実に繋がってるかと錯覚してしまうくらい、夢中になる物語でした。

 舞台が生きてるように感じました。舞台の中に生きている世界が見えました。その世界の中で、懸命に生きる主人公たちの瑞々しい言葉の数々が胸に響き渡って、気付けば涙を流すくらい、心の中が感動で溢れかえっていました。青春。家族や友達への愛。何気なくて他愛ない日常こそが、素晴らしくてかけがえのないものなのだと感じさせてくれる素晴らしい物語でした。

 

 そして、相笠萌さんの女優としての新しい表現。まず何より印象に残ったのが声です。萌ちゃんは声がとても良いと、前からずっと思っていたのですが、この舞台上でその良さを改めて実感しました。萌ちゃんの声に、物語の台詞が乗った時の瑞々しさ。胸にスッと響き入ってきたんです。それは、これまで見せてきてくれた歌やダンスとはまた違う、純粋で真っ直ぐで瑞々しい表現に感じました。

 全体を通した感想としては、初舞台とは思えないくらい素晴らしい女優ぶりだったと思います。物語の世界の中で、穴森一穂として生きていた。“演じる”ではなくて“生きていた”。そう感じたんです。18歳の今だからこそ輝いていた、等身大のもう1人の姿。最後のカーテンコールでの充実感に溢れた表情。女優としての第一歩にひたすら感激するばかりでした。

 推しの贔屓目、と言われればそれまでかもしれません。ただ、萌ちゃんがアイドルを卒業することを目前に控えた中で、こうして新たな世界で、こんなに素敵で素晴らしい表現を見せてくれたことが、ファンとしては、これまでにないくらいの嬉しさを感じて、ただただ胸がいっぱいになりました。

 

 物語の詳しい部分や他の演者さん達に関しても、素晴らしかったところが沢山あるのですが、それはまた改めて千秋楽の後に書かせて頂こうと思います。千秋楽を迎えた時に、物語と主人公たちがどのように成長と変化を遂げてるのか、今からとても楽しみです。ひとまず 今日は素晴らしい舞台をありがとうございました!